MEDIAIDクリニック

「腰」の痛み対策~エクササイズのすすめ

「腰」の痛み対策
~エクササイズのすすめ

監修医:夏山元伸
島脳神経外科整形外科医院副院⾧、内視鏡、腰痛センター⾧

腰痛対策エクササイズ

監修医:夏山元伸

腰痛対策エクササイズのすすめ

太っている人は減量して、姿勢や歩き方にも注意して、背骨のまわりの筋肉を鍛えないといけません。
治すためには医師任せにするのではなく、患者さん自身の「良くなろう」という意識と努力も大事です。
毎日の腰痛対策エクササイズにより筋力を獲得し、腰をケアすれば、腰痛の軽減にも予防にも効果的です。

エクササイズ①腹筋強化運動

エクササイズイメージ
~腹筋を強くする運動(10セット)~
  1. まず仰向けになって軽く膝を曲げ、手を太ももの上に置きます。
  2. 肩が床から10cm位離れるところまでゆっくり上体を起こし、姿勢をそのまま5秒間保ちます。
  3. 5秒たったらはじめの姿勢に戻ります。

エクササイズ②骨盤傾斜運動

エクササイズイメージ
~腰の反りを減らす運動(10セット)~

この運動は床に横になって安静にした際に、背中と床の間に手が入るような方に適しています。

  1. まず仰向けになって軽く膝を曲げ、腕を体の横に置く姿勢をとってください。
  2. 次に、背中と床の隙間を埋めるイメージで背中を床に押し付けてください。
    おしりをギュッとつぼめながら浮かせて5秒間止めます。
  3. 5秒間たったらはじめの姿勢に戻ります。

エクササイズ③下部背筋伸張運動

エクササイズイメージ
~腰の筋肉を伸ばす運動(10セット)~
  1. まず仰向けになって、両手で膝を抱える姿勢をとります。
  2. 次に膝を胸につけ、姿勢をそのまま5秒間保ちます。
  3. 5秒間たったらはじめの姿勢にもどります。

筋力をつけるために、無理せず徐々に、なるべく毎日、運動を続けるよう心掛けましょう。
また関節をサポートする、サポーター等を併用することも効果的です。

続いてストレッチをご紹介します。ストレッチする際は息を止めずに、ゆっくり動かすようにします。勢いをつけないように注意しましょう。

エクササイズ④腰のストレッチ

ストレッチイメージ
  1. 仰向けに床に横になり、上体の向きを変えずに、腰から下だけをひねります。
  2. 左右、交互に行ってください。
ストレッチイメージ

※長時間立っていたり座っていたりする仕事の方は、一定時間経過したら図のようなストレッチをしましょう。

  1. 足を肩幅程度に広げ、腰に手をあてて腰を反らせます。
  2. 同じ姿勢で今度は左右に腰を回します。

エクササイズ⑤背筋のストレッチ

ストレッチイメージ
  1. 仰向けになって、両手で膝を抱える姿勢をとります。
  2. 膝を抱えた上体で、おへそをのぞきこむようにゆっくり伸ばします。

エクササイズ⑥おなかのストレッチ

ストレッチイメージ
  1. 仰向けに床に横になり、腰の下に巻いたタオルなどを入れて腰を反らせます。
  2. 息を止めずに、ゆっくり時間をかけておなかを伸ばしましょう。

エクササイズ⑦太もものストレッチ

ストレッチイメージ
前側の筋肉のストレッチ
  1. 片膝を立て、もう片方の足を後ろにひいて、前に出した太ももの上に手をのせます。
  2. 膝に手をついて、ゆっくり上体を前に倒し、太ももの裏側の筋肉を伸ばします。
  3. 片方が終わったら、足を入れ替えてもう片方も同様におこないます。

エクササイズ⑧背骨の前屈・後屈ストレッチ

ストレッチイメージ
  1. 椅子に腰掛け、腰に手をあてます。
  2. はじめに、おへそをのぞきこむように腰を丸めます。
  3. 次に胸を張るように腰を前に反らせます。
  4. 息を止めずにゆっくり繰り返してください。

筋力をつけるために、無理せず徐々に、なるべく毎日、運動を続けるよう心掛けましょう。
また関節をサポートする、サポーター等を併用することも効果的です。

ページトップへ