お家でできる背中のエクササイズ!はみ肉やたるみへの対策を紹介

突然ですが、あなたは自分の後ろ姿を気にしたことはありますか?
一般的に、背中は年齢とともに肉がつきやすい部位といわれていますが、自分の目では確認しづらいため、エクササイズも疎かになりがちです。そのため、本人はまったく気がつかないうちに、背中にたっぷりと脂肪がついていた……というケースも珍しくありません。

そこで今回は、背中のはみ肉やたるみの対策として、自宅で簡単にできる3つの背中エクササイズを紹介します。

【背中エクササイズ】背中全体を引き締めるトレーニング

肩甲骨から背中、お尻までを一気に引き締めるトレーニングです。ややハードですが、その分短時間で効果が期待できます。

・肩の真下に手、股関節の真下に膝を置く
・片側の手と、反対側の足をあげ、手と足をできるだけ遠くに離す(◆)

・肘と膝を近づける(◆)

・再び遠くに伸ばす(◆)
・◆を、5~10回繰り返す
・手足の左右入れ替えて◆を行う

さらに、これらをゆっくりやることでより負荷が上がり、効果が得られやすくなります。

【背中エクササイズ】背中の特に上部を引き締めるトレーニング

次に、肩甲骨から腕・わきの周囲に効くトレーニングを紹介します。

・うつ伏せになり、手のひらを床につける
・背骨を伸ばすことを意識して、上体を床から持ち上げる
 ※肋骨の下の部分は床につけたままにし、肋骨より上の部分を起こす

・肩甲骨を寄せるように、腕を上げ下げする(◆)
 ※身体は固定したまま、肩甲骨と腕だけを動かす

・◆を10~15回繰り返す
・2~3セット行なう

【背中エクササイズ】タオルで背中のたるみを改善するストレッチ

最後に、タオルを使って背中全体を伸ばし、たるみを改善するストレッチを紹介します。

・両足を腰幅くらいに開いて立ち、お尻にキュッと力を入れる
・フェイスタオルの端と端を順手で持つ
・タオルの張りを保ったまま、手を頭上に伸ばす (◆)

・両手を背中のほうへグッと引き下げる (◆)

・◆を20回繰り返す

まとめ

若々しく健康的な身体を保つためには、正面だけではなく背面のトレーニング、ストレッチも忘れずに行なうことが重要です。他人の目に触れる機会の多い後ろ姿こそが、人の印象を決めるといっても過言ではありません。

ただし、本記事で紹介したのは、普段あまり使わない筋肉を伸ばしたり、負荷をかけたりするエクササイズです。無理をして身体を痛めないよう、できる範囲でコツコツと継続することを心がけましょう。

合わせて読みたい。背中ストレッチ。

発信者

シグマックス・MEDIAID事務局

シグマックス社員が仕事の中で得た知識から、知っておくと嬉しい・役立つ情報を、生活者の視点から発信しています。